借金返済 ブラックリスト

借金返済とブラックリスト

借金の返済が出来なくなって債務整理などを行うと「ブラックリスト」に名前が載るを言うのを聞いてことがありませんか?

 

本当にブラックリストなんていうものが存在するのでしょうか?

 

実はこれはクレジットカードの返済が滞ったり、任意整理・自己破産などの手続きを行った場合に信用情報機関に登録されてしまうことを指します。
「この人は過去に借金を返さなかったことがある人です。」という記録が残るのです。

 

では、名前がブラックリストに載って困ることはなんでしょうか?

 

一番困ることは新たな借金はもちろん、クレジットカードでの精算も出来なくなることです。
そうなると住宅ローンはもちろん、カーローンや教育ローンも組むことができません。

 

つまり何を買うにしてもまず現金を全額用意しなければならないのです。現金払いだとカード払いのような分割が出来ません。
しかし一生そうというわけではありません。

 

信用情報機関に名前が登録されてしまった場合でも、一定期間を過ぎると自動的に削除されます。

 

信用情報機関にはいくつかありますが、だいたいどれも5〜10年で削除されるようになっています。
この期間をすぎると再びクレジットカードを作ったり、ローンを組むことが出来るようになりますが、次のときは借り入れも返済も計画的に行ってください。

トップページ > 住宅ローンの返済が厳しいときに試してほしいこと